味の素冷凍食品の「やわらか若鶏から揚げ」が、小麦・卵・乳不使用になりました

これは静かな革命? 味の素冷凍食品の大人気商品「やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック」が、三大アレルゲンといわれる、小麦・卵・乳不使用にリニューアルされました。いえ、正確に言うと、「乳」と「卵」は元から不使用、味わいを変えずに醤油に含まれる小麦を排除することに昨年秋成功していました。その発表を6カ月ずらしたのは、市場に切り替え前の製品とリニューアル製品が混在するのを避けるため、でした。

リニューアルにあたっては、仕込み方法を変更。若鶏もも1枚肉を従来より大ぶりに(約1割アップ)丁寧に手切りして、生姜醤油に漬け込み、さらに丸大豆醤油をからめてから一つ一つ丁寧に揚げるという『二段仕込み製法』になりました。これにより一層美味しくなっています。

「アレルゲンについてのお問い合わせは年々増加。社内で議論を重ねて2年前から改訂に向けて取り組みをはじめました」と製品戦略部の向井部長。特に小麦のアレルギーは大人になってから発症する方も多いので、食卓でみんなと同じものを食べれれない、という淋しさ、孤独感を一層感じてしまいます。「昨年8月から小麦不使用に。小麦アレルギーコミュニティを運営している方から嬉しい反響がありました」

さらに、お弁当用新商品「国産鶏のうまから揚げ」(6個入り:126g)も小麦・卵・乳不使用。既存商品の「レモンとバジルのチキン香り揚げ」、「ゆず胡椒のチキン香り揚げ」も小麦・卵・乳不使用にリニューアル。

上の試食用写真は、楊枝の刺さったのが旧製品で、その左がリニューアル製品。大きめになっているのが分かります。奥のコロンとした製品は、「国産鶏のうまから揚げ」。やわらかくてジューシー、うまみを感じる仕上がりです。

さらに、女性、大人向けのさっぱり風味「塩麹レモンからあげ」(280g)も新発売。

新商品の発売は、2月9日からです。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share