将棋日本シリーズ「JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会」開幕


6月22日に開催された、将棋日本シリーズ「 JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会」北陸・信越大会の概要ニュースが届きましたのでご紹介します。

同大会は、全部で11会場11日間行われるシリーズ(前年実績3万7千人来場)の開幕戦。会場は金沢市の石川県産業展示館。当日「テーブルマークこども大会」に参加したのは、280人(低学年123人、高学年157人)でした。また、JTプロ公式戦(久保利明九段対菅井竜也七段)来場者数は442人。総来場者数は1,164人でした。写真は開会式であいさつする協賛企業テーブルマーク㈱の武田淳一北陸支店長です。

お昼時、テーブルマークの家庭用冷凍食品「国産若鶏の塩から揚げ」試食会は大好評。何度も並ぶ子供も多く、用意した576食は完食。

こども大会では、低学年・高学年それぞれの優勝者に「こどもテーブルマーク杯」を贈呈。優勝者・準優勝者4名には、副賞としてパックごはんの詰め合わせセットやレシピ本が贈られました。

また、JTプロ公式戦の勝者久保利明九段には、副賞としてパックごはん1年分が贈呈されました。

 

 

コメントを残す Comment

*

Share