EU TRUSTED PORK : 信頼のEU産ポーク FTA追い風に今年も10%アップ期待(オランダVION社)

FOODEX JAPAN2019(幕張メッセで3月8日まで) 会場の多くを占める海外パビリオンの中でも、今年はEUからの出展社に力を入っていました。日EU FTA発効に伴う期待感があります。オランダ大使館パビリオンも、従来からの豚肉、菓子関連に加えチーズ、加工野菜などの出展が増えにぎわっています。そして、近くには EU TRUSTED PORKの商談コーナーも。「ヨーロッパの最も安全な豚肉 世界中」という日本語訳がおもしろい雰囲気を醸し出していましたが、意味は分かります。農産物の輸出が大きな産業となっているオランダは、最も安全な食品を世界に提供することを貫いて、信頼を築き、産業を発展させ続けているのです。写真は、フローズンポークで最も実績を積んでいるVION FOOD GROUPのの、エリック・ディ・ヨン セールスディレクター、ウィレム・クラーネンブルク同セールスマネージャー、オランダ農業振興会の塚田務代表(右から)です。

日本向けのテーブルミート用ブランド「オランダ風車豚」を冠して、ホテル・レストランでの活用支援なども交えて販売を強化してきました。一部一般消費者向けの角煮製品などにも「風車豚」ブランドは使用されています。「過去10年、厳しい品質を要求する需要に応えて日本向け豚肉輸出は順調に拡大してきました。FTA発効でより一層身近な食材になるでしょう。今年も着実に10%程度の伸びを期待しています」とディ・ヨン氏。FOODEXブースで積極的な商談を展開中です。

日本のフードサービス、加工食品メーカー向けパンフレットもリニューアルしています。

問い合わせは、オランダ農業振興会まで。
オランダ農業振興会ウエブサイト
 

コメントを残す Comment

*

Share