ギョーザで東北の農業復興支援

1袋あたり1円を寄付! 味の素冷凍食品が継続実施している東北地方の農業復興支援、「東北に元気を!明日を耕すプロジェクト」の報告が2月25日にありました。
2015年10月から1カ月間、「ギョーザ」製品4品種の売上、1袋あたり1円を支援金に、ということで、675万3000円を特定非営利活動法人「福島農業復興ネットワーク」に贈呈します。贈呈式は3月5日、福島県酪農業協同組合にて。

2011年の東日本大震災以降継続しているこのプロジェクトでは、5年間で総額8,594万2000円を支援したことになります。

しかも、このプロジェクトが素晴らしいのは、売上の一部寄付にとどまらず社員が現地にでかけ、農作業のボランティア活動もしていること。
↓昨年11月の稲刈り作業の様子です。
いね刈り取り

詳しくは活動レポートサイトへ https://corporate.ffa.ajinomoto.com/atp/

Facebookはこちら https://www.facebook.com/ffa.ajinomoto

コメントを残す Comment

*

Share