冷凍食品News

大阪王将・冷凍餃子工場に太陽光発電設備~年間約280tのCO2 排出量削減へ(イートアンドフーズ)


イートアンドフーズは5日、昨年12月に関東工場へ太陽光発電設備を導入し、2023年1月から稼働開始すると発表しました。
導入した太陽光パネルは、1369枚。総パネル面積は約2735㎡。年間想定発電量は、約576,739kWh。関東第二工場、同第三工場で1年間に使用される電力の約10%に相当し、これにより約280tのCO2排出量削減につながる計算になります。
イートアンドグループのサステナビリティ基本方針「Eat+&の幸せを次の世代へ。」に即した取組みの一端です。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA