「日本水産とニッスイは違う会社と思っていた人も・・・」 新しい”食”を創造していく! ニッスイ、決意表明の年末会見 

株式会社ニッスイ浜田省吾社長です。12月1日付で日本水産株式会社から株式会社ニッスイに社名変更した当日午後、年末記者会見を開催しました。「110余年の間、海に関わる事業で育んできた他社にないバリューチェーンの強みを存分に活かし、これからは『水産』という文字にこだわることなく、世界中のグループ会社と共に、新しい“食”を提供していくという私たちの決意を示す」社名変更です。

ニッスイの冷凍食品といえば、焼きおにぎり
(写真は秋に実施した、おにぎりアクション告知パッケージ)

具だくさんで美味しい、ちゃんぽん

お弁当に便利な『自然解凍でおいしい!』シリーズを思い浮かべる方も多いかと思います。焼きおにぎり、ちゃんぽん、自然解凍シリーズ、すべてニッスイがパイオニアです。他にも、コーンクリームコロッケ、ちくわの磯辺揚げなど、人気商品目白押し。


今年は、から揚げプロモーションを実施して、惣菜商品が絶好調の大幅アップ(上半期家庭用冷凍食品の惣菜が前年同期比127%)

塩あじ枝豆も茶豆もなど農産品も人気で、上半期農産品は二桁アップ(111%)でした。



2022年秋新商品「まんぞくプレート」も話題商品です。

「好調に推移しており、2023年春はシリーズを増やす」(梅田浩二取締役常務執行役員食品事業執行)予定です。家庭用冷凍食品の人気商品を見ても、もはや総合食品メーカーで、水産会社ですか?という雰囲気に既になっていています。

今年は、ペットフード(ワンちゃん用)の冷凍食品「PAWSOME DELI(ポウサムデリ)」のテスト販売も行って話題です。
もちろん、発売70周年を迎えた、「おさかなのソーセージ」はじめ魚肉ソーセージも、ちくわ、かに足かまぼこもおなじみ。食べるだけで筋肉アップできる『速筋タンパク』としての商品訴求も大注目ですね。

社名変更当日の会見ですから、率直な感想を聞く場面もありました。浜田社長は、「日本水産とニッスイは違う会社だと思っていた、という人もいたようです。それがひとつ(のイメージ)になった。社内でも水産がメインであるとか、支えているのは食品事業だなどといった縦割り意識が、『ニッスイ』になったことで無くなっていく。海外では既に以前から、NISSUI呼ばれています。社名変更がプレスに働くことは間違いない」と答えました。

ちなみに、12月1日付のニッスイ社名変更告知の新聞広告(日経)↓

確かに、記事を書くときも「ニッスイ(日本水産)」とする時もありました。私は、二重丸のロゴ(社章)を目にしなくなって久しく、ちょっとさみしいなぁと感じる古い世代です。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA