松屋銀座「GINZA FROZEN GOURMET(ギンザ フローズン グルメ)」8月31日オープン


ついに、松屋銀座の地下2階、松屋が自社運営する冷凍食品常設売場の全貌が明らかになりました! 名前は「GINZA FROZEN GOURMET(ギンザ フローズン グルメ)」。特注のシックな冷凍ショーケースを設置して8月31日にオープン予定です。
売場面積は約10坪。品揃えは約50ブランド、350種類を予定しています。売上目標は、9月~2023年2月(下期)5000万円。

松屋では、昨年下期から具体的な準備を進め、いくつかのプレミアムな冷凍食品ブランドで催事販売等も実施、手応えを得てきました。エフエフプレスでもこれまで、いくつかの品揃え候補をご紹介してまいりました。デパートが運営する冷凍食品売場が消えて久しいのですが、松屋が冷凍食品売場を計画するという話を耳にしてから、ワクワクドキドキ、待っていたのでした。
そう、そもそも、市販用冷凍食品の販売は戦後の昭和20年代、都内のデパート(白木屋、西武池袋店など)からスタートしています。もっと遡れば、昭和6年(1931年)、大阪・梅田の阪急百貨店のアイス売場で、市販冷凍第1号といわれるイチゴシャーベーが販売されています。時代の最先端でかっこいい、プレミアムな食品は、まずはデパートから、なのです。

「GINZA FROZEN GOURMET」の目玉は、銀座の老舗レストランが作る冷凍食品「銀ぶらグルメ」!

松屋銀座デビューの品揃えも。

ピザと餃子もプレミアムラインの商品を品揃えします。

もちろん、お取り寄せのプレミアムフローズンとしてエフエフプレス読者にはおなじみの、SL CreationsのZ’s MENU(ジーズメニュー)、BREJEW(ブレジュ)の三ツ星シェフレシピ商品も売場に並ぶ予定です。楽しみですね。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA