マルハニチロ 「DeNAスポーツ オフィシャルパートナー」に就任

マルハニチロは、ディー・エヌ・エー(DeNA)のグループ会社が運営する横浜DeNAベイスターズ、川崎ブレイブサンダースおよびDeNAが経営参画するSC相模原への支援、子どもへの食育などにおける協働を目的とした「DeNAスポーツ オフィシャルパートナー」に就任、1月27日に合同記者会見(オンライン)が開かれました。

写真提供:DeNA/マルハニチロ

DeNA横浜ベイスターズの前身は「大洋ホエールズ(まるは球団)」。マルハニチロの前身大洋漁業が創設し、2002年にチームを譲渡しました。2019年のベイスターズ球団創設70周年プロジェクトにマルハニチロが協賛、その後も冠試合や子ども野球大会支援などつながりと持ってきましたが、今回、球団、バスケットボールチーム、サッカーチームとDeNAがかかわるスポーツチームのオフィシャルパートナーとして支援することとなりました。オフィシャルパートナーとしての取り組み案は、

  1. グローバルな調達力を生かし、選手や施設へフードサプライヤーとしてサポート
  2. 選手の食や栄養のサポート
  3. 監督やコーチのみなさまへ、魚由来の機能性食品サプリメントの提供
  4. 魚たんぱくを中心とした、ファンのみなさまに喜ばれるオリジナルフードメニューの開発
  5. スポーツスクールキッズやその家族へ、食育やSDGsプログラムを提供

27日の会見では、「創設者とのご縁は本当に嬉しい。社員の皆様の熱い想いを感じてきた」(写真㊧:DeNAの南場智子会長)、「心と体を育むスポーツはまさに「食」と同じ。スポーツと私たちの強みである「魚」を掛け合わせ、新たな価値を創造し、みなさまの生きる活力や健康に貢献」(写真㊨:マルハニチロ池見賢社長)と挨拶。DeNA横浜ベイスターズ三浦大輔監督も会見に加わって「応援に応えて頑張りたい。さっそくキャンプに差し入れをいただけるとのことで楽しみ」と話すなど終始和やかな会見でした。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA