• Home »
  • 冷凍食品 News »
  • トレー入り食事セットの生産強化! ニップン冷食・伊勢崎工場 冷凍食品第2工場が竣工

トレー入り食事セットの生産強化! ニップン冷食・伊勢崎工場 冷凍食品第2工場が竣工

群馬県伊勢崎市のニップン冷食(株)伊勢崎工場全景です。11月9日、第2工場竣工式が執り行われました。新工場(延床面積8,001㎡、投資総額44億円)の稼働によって、ニップン(日本製粉)の強みとなっている商品、トレー入り食事セット・ごはんの生産供給能力が従来の2倍以上に増強されます。

「ニップン よくばり御膳シリーズ」

「ニップン よくばりプレート」シリーズといった主食と主菜がワンプレートで楽しめる商品

「ニップン いまどきごはん」シリーズなど、他社には無いラインナップは伸長を続けていて、販売は過去5年で3倍になりました。

今年春からはさらに引き合いが殺到して、第1工場はフル生産が続いていました。第2工場の建設は約1年かかっていて、待ちに待った生産供給体制の増強です。

新工場の調理室㊤です。煮たり焼いたりフライしたり、何でも作れます。多品種を製造できる大量調理室ですね。他に炊飯ライン(ガス式)があります。

トレーに盛付けるコンベアからトンネルフリーザー㊤、包装へつながるラインは2ライン。1カ月350万食、年間4,200万食の生産能力です。多品種の調理、盛付けは人手を要する作業です。新工場では、手作業以外の自動化を行い、生産効率アップを図っています。

新工場は12月初旬に稼働予定で、それに伴って第1工場(1カ月300万食、年間3,600万食、5,221㎡)を休止して改修し、生産増強に備えます。

入室は数人単位の密閉式エアシャワーより効率の良い連続式のエアシャワー㊨から。左は退室扉です。新工場稼働に伴って、作業員は出社したら髪の毛のブラッシング後、1次更衣室で社内ユニフォーム(白衣)に着替え、さらに2次更衣室で工場作業着に着替えます。食事など休憩時には2次更衣室に戻ってユニフォームに。衛生管理を徹底、食事由来のアレルゲン混入リスクの管理強化されます。

事務所の環境も整備、食堂、休憩室なども広めに快適になるそうです。

 

竣工式を終え記者会見した日本製粉の前鶴俊哉社長㊥、大内淳雄取締役専務執行役員食品事業部門管掌㊧、ニップン冷食の宮田一正社長㊨。今月内には、タイ国のグループ企業で冷凍生地製造工場も竣工予定です。タイ国内向けに販売する製品を作る工場で、冷凍食品事業の国際化も進み、来年1月1日付で行うニップンへの社名変更の狙いである、多角的総合食品企業としての更なる成長が急ピッチで進んでいきます。

ニップンの家庭用冷凍食品事業は、1973年からと古い歴史がありますが、当初は業務用が主体。現在、家庭用冷凍パスタブランド№1の「オーマイプレミアム」シリーズを2003年2月に発売して以降、冷凍食品事業は家庭用を中心に順調に拡大してきました。「今年度第2四半期実績で売上内訳は製粉30%、食品60%、その他10%。食品事業をさらに成長させることが全社方針です。中でも冷凍食品はさらに拡大させたい事業」(前鶴社長)。「過去10年、我々は家庭用冷凍食品市場の成長以上に伸びてきた。冷凍食品は健康作り、栄養サポートという可能性も秘めている」(大内取締役)と、新工場を活かした新商品の提案強化方針も示しました。「何でも作れる工場、より良い、美味しいものが作れる工場」(ニップン冷食宮田社長)から生まれてくる2021年新商品が楽しみです。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share