イートアンド:大阪王将 VIPレストラン併設でSMTS初出展 創業50周年イヤーもアピール


2月12日~14日に幕張メッセで開催されたスーパーマーケットトレードショーで、初出展ながら大注目を集めたのが、『大阪王将』ブランドのイートアンド。外食事業部門のパワーを発揮して、展示会場内にVIP向けの『大阪王将』レストランを併設した大型ブースを設営しました。

通路表側では、大阪王将キッチンカーを設置して試食を提供、冷凍食品売場や調味料(ドライ品)売場、惣菜売場向けの商品展示を行い、裏側には黄色い看板を掲げた厨房をしつらえたレストランを設置しました。

近年は業務用冷凍食品の提案も力を入れています。惣菜売場向けに『大阪王将』ブランドでこんな商品があれば思わず手に取ってしまいそうですね。おつまみ系の餃子は、トレイの無い簡易パッケージで提案しています。

こんなスタイルの惣菜向け水餃子も計画中とか。

餃子の試食が大人気でした。

餃子店そのままの厨房で「大阪王将 幕張メッセ店」。

1996年開店の餃子店から50年の歴史。周年記念のイベントは、「王将戦」の冠協賛です。

さすがのクオリティでした。店舗で人気のふわとろ天津飯。

仲田社長、先日は「大阪王将 羽根つき餃子」100億円達成(2019年1月―12月、12日発表)おめでとうございました。初出展、ハデですね。「いやぁ、皆さんから応援を頂いて何とか」

新商品の流水解凍でOKの「冷やし餃子」も期待大です。

 

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share