カレーライスを食べるなら冷凍食品♪!!の時代が来るのかも~

第7回フローズン・アワード2019(日本アクセス主催)で見事、新商品部門の№1得票商品に輝いたニチレイフーズの「たいめいけん ドライカレー」です。

27種類のスパイス&ハーブを使っていますので、かなりのスパイシー~ 日本橋たいめいけんの三代目茂出木浩司シェフとのコラボ商品です。

「黒い」シェフとしても有名。

新商品発表会の時に試食して、そのスパイシーさにびっくりでしたが、やはり、変わらずスパイシー・・・・

なので、パッケージのオススメどおり目玉焼き乗せ~ うん、マイルドです。

こんな感じで。

スパイスの効いたカレーは「冷凍」が最もストレートに伝えやすい商品形態で、それは業界に良く知られたことなのですが、冷凍カレーはなかなか定着が難しい。

大健闘しているカレーライスはこれ。日本製粉のいまどきごはんシリーズ「五穀ごはんと野菜をたべるカレー」です。野菜たっぷりで嬉しい商品。

イトーヨーカドーのPB「EASE UP」でも、「チーズキーマカレー」が好調と聞いています。

そして、2019年秋、明治の新シリーズ「満足丼」では、ドカンと食べられるカレーライス「満足丼 濃厚ダブルカレー」(360g)が人気。

カレーライス食べたいな~、あ、冷凍食品売場で買っていこ♪ という時代が来るかも。

 

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share