10月18日『冷凍食品の日』記念イベント、安めぐみさんメニューを含め冷凍食品パーティ

10月18日は『冷凍食品の日』です。冷凍食品のメリットをもっとたくさんの方に知ってもらおうと日本冷凍食品協会が、1986年に制定しました。冷凍(とう)で10月、冷凍食品の管理温度、マイナス18℃以下に由来して18日です。

冷食協主催の消費者約250人を招いた記念イベント、今年は安めぐみさん、三國清三シェフがゲスト。都内ロイヤルパークホテルで、2人のトークショーに続いて、安さんがアイディアメニューの調理を壇上で披露。素早い手つきの玉ねぎスライスに、三國氏シェフが「半端ない!」と絶賛。クリームコロッケとシーフードミックスを使用したグラタン風、また、冷凍マンゴーを使用したスムージーが手早く出来上がりました。三國シェフも「冷凍食品と言えば三國シェフ」と冷凍食品アンバサダーとしてメリット普及に一役買っていることを楽しくPR。「旬の野菜が急速冷凍で一年中新鮮」「2年後夏のオリンピックは冷凍食品なくしては食材がまかなえない」等熱く語りました。冷凍食品の協会の伊藤会長(写真㊧)も「盛り上げて頂けて非常に良かった」と喜びのひとこと。





冷凍食品フル活用の試食会は美味しいデザートも含め大好評でした。

コメントを残す Comment

*

Share