• Home »
  • おまけ »
  • 長崎、出島、オランダポーク パレスホテル大宮・毛塚シェフ×ホテルニュー長崎・川端シェフ饗宴

長崎、出島、オランダポーク パレスホテル大宮・毛塚シェフ×ホテルニュー長崎・川端シェフ饗宴

ディナーのスタートは「オランダポークと白豆の冷たいスープ カプチーノ仕立て」 ひと口食べると雑味のないポークの風味が口いっぱいに広がりました。

6日、大宮パレスホテルで開催された「夏の賞味会~長崎県の恵み、たべてみんね~」は、同ホテル開業30周年、そしてホテルニュー長崎開業30周年の記念コラボ企画です。日頃から仲良しのシェフ同士が、開業30周年、うちも開業30周年ということで、何かしましょうということに。ホテル同士のコラボなんて、びっくりですね。開会にあたり、仲良く挨拶するパレスホテル大宮の毛塚智之シェフ㊧(副料理長兼宴会・洋食レストラン総括料理長)と、ホテルニュー長崎の川端明シェフ㊨(専務取締役総支配人兼名誉総料理長)です。当日のディナーコースは、長崎の食材を使った美味コース。

潜伏キリシタン関連遺産がユネスコの世界文化遺産に登録されたばかり。長崎の海、島々の大自然、美しい景観を紹介するビデオが食前酒のように酔わしてくれました。9月24日には、ホテルニュー長崎で、両ホテルコラボの「美食とワインの晩餐会」が開催されます。

↑新上五島「虎屋」手延べふしめんを添えた鮑ステーキと五島列島産ミズイカの炙り。

最後まで長崎。かわいく美味しいのでした。

次々に顔が変わる「変面」も盛り上がりました!

カフェレストラン「パルテール」のお盆のブッフェでは、オランダ産ポーク「風車豚」のスペシャルメニュー。

コメントを残す Comment

*

Share