美味しいラーメン~店主は腕組み『日清推し麺』第二弾は関西から、そして麵屋の炒飯

関西で豚骨醤油ラーメンの名店といえば、京都「無鉄砲」!とのことで、日清食品冷凍が昨年秋に立ち上げた有名ラーメン店リスペクトシリーズ『日清推し麺!』の第二弾は、「無鉄砲 濃厚豚骨正油ラーメン」。3月1日全国発売です。濃厚なスープ、中太ウェーブ麺、美味しいチャーシュー2枚(豚骨ベースのタレで漬け込んでます)、メンマに青ネギ。スープは、豚骨正油スープ、とろみあんスープ、砕いた豚骨や背油をきかせたスープ、この3種類を組み合わせて、濃厚で深みのあるお店の味わいを再現しています。

美味しいラーメン店店主のお約束、腕組みスタイル、そしてGood!ポーズ。顔はこわいけど、とてもやさしい方だとか。「パッケージに「麺はレンジでコシがでる。」と書いてある通り、美味しくレンジ調理ができる日清食品冷凍の特許製法、“氷冠製法”を採用しています。麺にくぼみをつけ、麺の高い所には氷を付けてあるので、内袋のままレンジで加熱すると、氷が解けた水蒸気でムラなく仕上げることができる、あの、製法です。同商品の作り方は、とろみあんスープを丼に開け、熱湯でよく溶かしたところに、レンジで蒸し上げた麺と具をそっと入れて出来上がり。

系列店はオーストラリアのシドニーにも! 1998年6月に奈良市で誕生、現在本店は、京都府木津川市に。20年目ですかぁ。赤迫店主の監修店舗もあるんですね。

『日清推し麺!』第一弾は東京・小岩の「麵屋一燈」でしたので、、、

こんな対決もSNSで企画中だそうです。お約束写真。腕組んでいます。

ところで、もう一つ、新商品。

試食しました。美味しい魚介系スープがしみている感じの炒飯です。ラーメンの味炒飯でありながら、少し和風にも感じられる面白い炒飯でした。店舗のメニューではなく、麺屋一燈のスープの味わいを日清食品冷凍が炒飯にアレンジして開発したそうです。

 

コメントを残す Comment

*

Share