味の素冷凍食品、第2回ソトコトSDGsアワード2022」ゴールド賞受賞


味の素冷凍食品は、2020年度末に完遂した、全国7工場の大型フリーザーで使用している冷媒の脱フロン化(特定フロンの全廃)並びに2030年に向けて進めている温室効果ガス削減への取組みにおいて、12月19日に「第2回ソトコトSDGsアワード2022」(㈱ソトコト・プラネット主催)ゴールド賞を受賞しました。

同社では、2000年に脱フロン化の取組みに着手、2006年に「2020年までに国内全7工場の大型フリーザーに使用している特定フロンの全廃」を宣言、2020年度末に計画通り全廃しました。これにより総保有量70トンの特定フロンを削減しましたが、これは温室効果換算で二酸化炭素12万6700トン削減に相当します。

その20年の取組みは、熱意とアイデアが光ります。ぜひ、味の素冷凍食品の「ストーリー」、ご一読を。
「フリーザー脱フロン化」20 年の軌跡(前編)フロン冷媒から地球にやさしい自然冷媒へ
「フリーザー脱フロン化」20 年の軌跡(後編)フロン冷媒から地球にやさしい自然冷媒へ

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA