値上げの秋に「3個500円」販促対応の新商品! かねます食品の大成功!!

かねます『人気もん』シリーズの、お好み焼、たこ焼、山芋焼、ねぎ焼、チヂミは、全て1個178円!3個で500円!





あらゆる食品の値上げが家計を圧迫する!というニュースが毎日のように飛び交う2022年秋。かねます食品(東大阪市、高山文廣社長)が新発売した、『人気もん』シリーズは、3個で500円販促に対応できる価格帯として売場に歓迎され大成功を収めています。
同社が価格対応策として発売した『人気もん』シリーズは、ソースその他の添付を外した商品。「ソースはそれぞれ好みのものが家にある。お好み焼、たこ焼は、安い方が喜ばれるはずだと考えました。既存商品はコストアップを背景に価格改定を実施する一方での施策です」と開発の経緯を話すのは、高山社長。

発売以降、9月から10月にかけて、『人気もん』シリーズ3個500円のバンドル販促を西日本地区スーパーチェーンで実施したところ、店舗も驚くほどの販売実績で大成功を収めました。
「味、値段が評価されて、リピートにつながりました。この販促実績データをもって、より多くの店舗での導入、販促につなげていきます」(高山社長)

特に人気なのは、野菜比率57%(仕込時)の「人気もんお好み焼」、野菜比率67%(同)で小麦粉不使用の「山芋焼」。

「具を減らさずに美味しいものを提供する。原材料をしっかりと確保して、パートナーの生産工場と共に“戦える”商品を開発、発売することができました。売場でおかあちゃんが、かねますの商品を5つも6つも入れてくれるのを見るのが僕は大好きなんですよ」と高山社長は満面の笑みで語ってくれました。

良いものをそのまま、ロスなく、リーズナブルに提供できる。お買い得品をまとめ買いできる。冷凍食品だからこそ、生活応援商品が提供できると実感できました。

かねます食品は、コロナ禍中も「ええもん ベビーカステラ」シリーズ



「絶品生地 オートミール」シリーズ



といった、話題商品を開発、提案して注目を集めてきました。「テレビや雑誌などから注目され、社内は活気付きました。話題商品を作るメーカーとして、家族に誇れる。家族も自慢できる。嬉しいですね」(高山社長)

同社では来春に向けて、今回の『人気もん』シリーズの販促強化、さらにラインナップ強化を続けていく方針です。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA