パク・ソジュンおすすめ「bibigo王マンドゥ」に続いて「甘辛ヤンニョムチキン」にはまる

CJ Foods Japanの『bibigo』冷凍食品展示ブースです(日本アクセス、1月)。「王(ワン)マンドゥ知ってる?」とにっこり笑顔の写真。来場おじさんの9割は「?」だったと推察いたします。

CJの冷凍食品CMキャラクター、韓国の人気俳優パク ソジュンさんです。CMはファンの間では、「日本語しゃべってる~♡」と評判に。アカデミー賞獲得の「パラサイト」にも特別出演していましたね。家庭教師のバトンタッチを頼んで図らずもきっかけを作ってしまったイケメン大学生役でした(『梨泰院クラス』の気持ちまっすぐなアニキ役も良かった♪)。

それはさておき、王マンドゥのシリーズ商品、店頭で見ることも多くなってきて、しっかりとファンをつかんでいます。売場で買い物している方が「これ、大きいのよね」とか言いながらカゴに入れているのを見ると、心の中でそうですよねと応じたり、、、

キムチ味は最初激辛だったけど、最近は食べやすいですね、とか、実は、小さい「水マンドゥ」も良いですよ、とか言いたくなったりもします。

使い切れない量が入っているのが嬉しいですね。冷凍食品だからこその嬉しさ。

寒い時期、鍋の具に大活躍でした。


で、本日の本題はコレ。「甘辛ヤンニョムチキン」です。
そう、韓国ドラマを観ていると出てくるチキン!売場で見ると買うようになりました。マンドゥに続きハマる味わい。

レンジでチンして熱々も良いですが、少しおいておくとカリッとした食感が出てきてGoodです。「甘辛」と書いてあるように、辛すぎないほどよい感じ。これが韓国で人気のデリバリーチキンかぁと妙に感心します。
今年春にいろいろと話をうかがったCJ foods Japannの開発スタッフによると、「衣を二段仕込みして、高温2回揚げ、さらに+αの工夫で」本場のカリッと感を目指したとか。王マンドゥは韓国からの輸入品ですが、ヤンニョムチキンは国内工場の委託生産(チキンはブラジル産もも肉)です。

衣の工夫と、やはり「本場の味を表現したオリジナルソース」(写真㊤ 成厚姃:ソン フウジョン マーケティング部長)(コチュジャンベースの合わせ調味料)が味の決め手。口コミで人気上昇中のようです。「bibigo」冷凍食品は、米国はじめ世界で需要急伸中。日本では「コストコ」で人気が先行しましたが、最近のスーパーでの売場の勢いを見ると、ブレイク必須でしょうか。今年は秋発売で新商品を準備中とのことでした。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA