冷凍王子提唱!10月18日は「冷凍生活の日」~冷凍こんにゃくレシピ金賞は尾久彩子さんの「チョコンニャク」

高級チョコのようですが、冷凍こんにゃくのチョコレートコーティング!! 10月18日「冷凍生活の日」を記念して、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が冷凍生活アドバイザー養成講座卒業生(現在354人)を対象に開催した、冷凍こんにゃくが課題の「第3回冷凍レシピコンテスト」金賞受賞メニュー、富山県の尾久彩子(おぎゅう・さいこ)さん考案の「チョコンニャク」です。「寒天でもない、ゼリーでもグミでもない、不思議な食感」(尾久さん)だそうです。冷凍すると小さな穴ができて食感が変わるこんにゃくをうまく利用して、ワインやコーヒーに漬け込んでチョココーティング。噛むと「キュッ!」とワインやコーヒーが飛び出すそうで、お酒が進むチョコ。低カロリーで、夜に罪悪感なしのおつまみになります。

冷凍生活アドバイザー養成講座は、冷凍王子として活躍している冷凍生活アドバイザー西川剛史さんが、監修、講師を務めています。2019年の10月18日に「冷凍生活の日」を宣言、発起人として冷凍レシピコンテストをスタートしました。冷凍生活アドバイザーが力を発揮して競い合うコンテストです。

「今回初めてテーマ食材を決めて募集しました。意外とスイーツレシピ応募が多かった中でも、びっくりしたメニュー。ネーミングも良かったです」と審査員を務めた西川さん。

どんなレシピかというと、

サイコロ型やオレンジピール風にカット、下ゆでしてから赤ワインやコーヒーに漬けて冷凍すると、

 

解凍してからしっかり水気を切って

 

チョココーティング。クルミをまぶしたものも。冷やして出来上がり。

銀賞は、滋賀県・小川弥生さん考案の「ヘルシー!ジューシー!野菜巻きカツ」

 



薄くカットした冷凍こんにゃくにウスターソースの下味が染みこませているそうです。メインのおかずに。
銅賞は、神奈川県・根本早苗さんの「鶏皮風こんにゃく串焼き」

「サイズがぴったり」だったそうです。

アイデア賞2名は、

静岡県・神尾かほりさん考案の「アイスこんにゃ!?グミケーキ」


神奈川県・宮地香子さん考案の「冷凍こんにゃくの黒糖キャラメリゼ安倍川もち風」

低カロリーの冷凍こんにゃくをスイーツに!ノーギルティです。

金賞の尾久さんには、賞品として、ブレジュの「奥出雲和牛プレミアムローストビーフ サーロイン」(2万円税抜)はじめ、西川さんが開発に参画したプラントベースフード「Grino」(グリノ)の賞品セット1万円分、こんにゃくメーカー袋田食品のスキンケア商品「つるりんころりん」、ジップロックフリーザーバッグセットが贈呈されます。

冷凍生活アドバイザー養成講座 公式サイト
日本野菜ソムリエ協会では、「冷凍生活アドバイザー養成講座」を継続実施しています。主要都市部以外でも開催していますので、公式サイトをチェックしてください。
直近では、10月30日金沢、11月20日東京、11月27日仙台の予定。コロナ感染予防対策で参加人数は絞り込んでいるそうです。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA