• Home »
  • 冷凍食品新商品 »
  • 手軽にレンジで、茨城県産紅はるかの「焼きいも」、おつまみに北海道じゃがいもの「チーズインハッシュドポテト」(ライフフーズ)

手軽にレンジで、茨城県産紅はるかの「焼きいも」、おつまみに北海道じゃがいもの「チーズインハッシュドポテト」(ライフフーズ)

ズバリ、「焼きいも」(250g)です。冷凍野菜・フルーツの専業大手、ライフフーズの2020年春、家庭用冷凍食品新商品です。茨城県産のさつまいも「紅はるか」を使用して、回転式オーブンで生いもからじっくり1時間以上かけて焼き上げた商品。1袋に2~3本入っています。

Sサイズ、SSサイズという市場では取り扱いにくい、加工用に回るいもを使用しているので、食べ切りやすく、リーズナブル価格。1袋の店頭の想定売価は298円あたりと思われます。もちろん紅はるか品種なので、味わいは大小変わらずそのまま。ねっとり&クリーミーで、その甘みはスッキリと上品です。健康に良いといわれている皮まで食べられます(お好みですが)。

じっくり加熱して旨みが凝縮している感じですね。焼きいもというと秋冬のイメージですが、半解凍の冷たいままで試食してみると、スッキリやさしい甘さのアイス感覚でした。ライフフーズでは、夏場も食べられるスイーツとして提案していく予定です。例えばアイスクリームをトッピングして「アイス焼きいも」など。

「1本ものの焼きいもは珍しい。茨城県内の協力工場が新設備を導入して製造します。生産目標は今年100t」と営業本部の寺本本部長。新機軸商品に意欲的です。

開発担当の平林さん㊨と営業本部副本部長で家庭用グループ長の北さん㊧。パッケージから美味しさが伝わってきます。「反響がいいです。(取引先の)5割くらいに導入ができるとみています」(北グループ長)

もう1品、春の新商品は、トロっとしたチーズメニューの人気上昇ムードにマッチする「チーズインハッシュドポテト」(200g、1個約15g)。

北海道産のじゃがいもを使用したハッシュドポテトでとろ~りとしたチーズを包んだ商品です。電子レンジで手軽に調理できます。オーブントースターでもOK。

中はこんな風、ハッシュポテトのシャキ感と3種類のブレンドチーズがマッチした美味しいおやつ、おつまみです。

春夏に向けて、この商品も力を入れます。

「タピオカ」(250g、台湾産)です。昨年夏に新発売。同社では時期的に遅いかな?と思ったそうですが、「タピる」が流行語になるほど一般的なデザート素材として定着したようで、まだまだ需要が伸びると見込んでいます。

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share