「チーズフェスタ」今年の開催は11月10日、11日の土日。その前にEUのGIチーズイベントも

今年の「チーズフェスタ2018」は、11月10日、11日の土日開催、その前に9月29日には、EU・GIチーズのイベント開催(日EU・EPA関連、農水省補助事業)を発表する、日本輸入チーズ普及協会の本村直之会長です。GIとは地理的表示。つまり日EU相互に地域の名前の付いた特長のある食品を保護しよう、というEPAにかかわる合意に基づいた取り決めです。チーズでは例えば、パルミジャーノ・レッジャーノなどが、GI産品としてその名称が保護されることに(パルメザンは広く使用OK)。

さて、当日は日本輸入チーズ普及協会の第29回定期総会の日でした。昨年のチーズ輸入量は、26万3千t、前年より6%強伸びました。3年連続最高値の更新です。「チーズの美味しさ、健康効果、手軽さ、簡便さが評価いただけてる」と本村会長。

国内生産も合わせた昨年のチーズ消費量はまだ発表前ですが、これもまた、過去最高を記録するものとみられます。国民1人当たりのチーズ消費量は2㎏ちょっとですが、欧米諸外国はその10倍以上があたりまえ。まだまだ、伸びる、伸ばす、と確信されている

食品です。

コメントを残す Comment

*

Share