• Home »
  • 冷凍食品ごはん »
  • 二子玉「プレジュ」、冷凍食品レストランで食べたもの③、ローストビーフとワンランク上のデザート

二子玉「プレジュ」、冷凍食品レストランで食べたもの③、ローストビーフとワンランク上のデザート

取材しているところをテレビに取材(マツコの知らない世界)される貴重な体験。冷凍食品レストラン「トーキョー ブレジュ ハウス」(二子玉川、玉川高島屋 南館7F)を取材して食べたもの、最後は、メインのローストビーフとデザート♥
IMGP6434
「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ」
赤身肉の味わい深いところを感じられるローストビーフですね。お肉のランクはA3です。

そして、デザート。
タルトフィーヌ!!
IMGP6456
IMGP6437
タルトタタンも本格派。
IMGP6458
おしゃれで驚きのメニューは、フレンチに関しては、元銀座マキシム・ド・パリ料理長~ル・コルドンブルー東京校学長・教授のダニエル・マルタン氏のレシピ! ひと味違う、センスが光るのも納得でした。

さて、ブレジュハウスは単にレストランではありません。
入口には、冷凍食品の売場があり、レストランで食べたものを家庭に持ち帰ることができます。
もちろん、売場だけに立ち寄ってもOK
私がちょっと感動を覚えたシックで、めちゃくちゃかっこいいリーチインショーケースは特注品だそうです。
IMGP6488

希少な食材が安定的に活用できること、シェフのレシピが手軽に家庭でも味わえること。いずれも冷凍食品の得意技です。

昨年11月にスタートしたばかりのこのプロジェクトを手がけているのは、ダノベータ インターナショナル㈱(本社・島根県松江市、東京本社・港区赤坂)。田部長右衛門社長㊧、小林繁雄専務㊨↓
IMGP6484
親会社は750年!の歴史を誇る㈱田部です。製鉄に始まり、多角的な事業展開で地域に密着。現代は食・住関連の事業でも多様な分野で成功しています。そして、冷凍食品の事業。

「ラグジュアリーな生活の中に冷凍食品がある」という、独特の世界観。新しいライフススタイルを提案する店です。
「やっぱりこういうのは、二子玉なのねー」とマツコさんが叫んでいらっしゃいましたが、やはりそうなのでしょう。
商品数50品を超えたあたりで、まだまだこれから。ネットショップも最近オープンしたばかり。いろいろ幅広く開発が進み、また、同店が注目されれば、次の展開も期待できそうです。
IMGP6466
さて、企画・開発、運営など、「ブレジュ」で活躍されているお二人。須田明子さん㊧、奥野令映子さん㊨。素敵な女性が事業に関わる、というのも、イノベイティブな取り組みに欠かせない要素です。

フレンチばかりでなく、すでに和食の類も開発中。「もちろん中華も」とのことなので、楽しみですね。

http://www.brejew.com/index.html

さて、須田さんに「二子玉にはすでに冷凍食品レストランがあるんですけど、、、ご存知でしたか?」とうかがってみましたら、「もちろん」と即答。

実は、冷凍食品宅配のシュガーレディグループのプレゼンテーションショップ、「Tasting Table」が、玉川高島屋の路地をはさんで営業しています。

http://tasting-table.jp/

おしゃれな二子玉、いつか、プレミアム冷凍食品の街としても名を馳せることでしょう。

 

 

コメントを残す Comment

*

Share