ニチレイロジG 次世代輸配送システム「SULS」スタート~物流2024問題の解決策


5月9日午後、ニチレイロジグループの「ロジスティクス・ネットワーク東扇島物流センター」で行われた、次世代輸配送システム「SULS(サルス)」出走式テープカットです。

SULSとは、S&U Logistics Systemの頭文字です。「S」には、3つのS=Speedy Sustainable Solution、「U」には、3つのU=Utility Usability User Experience、つまり、よりスピーディに、持続可能な、課題解決。そして、より効率良く、より使いやすく、高い体験価値を提供するという意味が込められています。
そのシステムのキモは、トラクターとトレーラーが切り離しできるという特性を生かし、活用すること。トレーラーの数を増やし、荷積み・荷下ろし作業をロジスティクス・ネットワーク社の拠点が行い、ドライバーは積み下ろし作業から解放されて運転業務に専念できるという新システムです。

ニチレイロジグループの東名阪拠点間輸送から開始しますが、以降全国へ順次拡大する計画です。新システムに使われるのは、24パレットが積載できる大型トレーラーです。従来の16パレット・12t車から、24パレット・24t車にして、効率的な物流を目指す訳です。中継地点に常に荷積みされたトレーラーを用意することで、車両が到着したらすぐ次の目的地へ運航することができます。

物流業界は今、「トラックドライバー2024年問題」(2024年4月1日からの「自動車運転業務における時間外労働時間の上限規制」)解決が大きな課題。ドライバー不足、トラック不足、物流費上昇を招かないよう対応する、画期的システム導入と期待されます。また、効率アップによる環境負荷軽減のメリットも実現を目指します。


「低温物流における輸配送をより高品質で持続可能なかたちに進化させ、これからもお客様のサプライチェーンを支え続けてまいります」(ニチレイロジグループ本社梅澤社長)


「2024年問題の前に、ムリ、ムダ、ムラをなくす。グループの強みを生かして常に満載状態に近づけて最適化を目指します。2024年に運べなくなる問題を発生させない、コストを最大限抑える、環境負荷を軽減するというメリットを生み出す」(ロジスティクス・ネットワーク盛合社長)
さすが、食品低温物流ナンバーワン企業。新発想の意欲的な取組みですね。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA