井村屋直営no和菓子店、酒蔵!が伊勢神宮近くの「VISON(ヴィソン)」にあります

GWのはざまにお出かけ情報~という訳ではないのですが、三重県の伊勢から東方面の山に向かった多気町に昨年7月オープンした大型リゾート施設「VISON(ヴィソン)」に、井村屋の経営する和菓子店「菓子舗 井村屋」(豆谷 希店長)と、

酒蔵&直営ショップ「福和蔵」(安田裕幸店長:新事業運営部生産チーム長)がありますので、ぜひどうぞ、という話題です。美味しい体験できます。


和菓子店の代表商品、酒まんじゅう「酒々まんじゅう 芳醸菓」です。店頭で良い香り、良いあんこのホカホカまんじゅうが食べられます。店内には喫茶もあります。

豆谷店長(㊨から2人目)はじめ、にこやかなスタッフの方々が応対してくれます。店長は井村屋で商品開発を長年経験してこられた方で、今はスタッフと共にさまざまな和菓子づくりに専念されています。

井村屋が和菓子店と聞くと、なるほど、さすがと納得ですよね。井村屋の創業第一号商品は羊羹ですし、「あずきバー」をはじめ小豆へのこだわりが強いメーカーです。

一方お酒はというと全くの新規事業。北角収井村屋㈱取締役VISON事業統括部長兼外販営業部長(写真㊧)、田中穣治常務取締役(同㊨)に、過日訪問の際、お話をうかがいました。地元酒蔵が廃業というタイミングと、和の食文化にスポットを当てたVISON内施設の計画が重なり、「三重県内でテロワール日本酒をめざす」(井村屋グループ浅田剛夫会長)決意での、地元事業継承、新規事業着手となったそうです。「福和蔵」の名は、井村屋の創業者、井村和蔵にちなんでいます。創業の地の伝統を守りながら、創業者の想いも込めたということですね。さっそく近隣伊賀の酒米「神の穂」栽培の契約など、テロワール日本酒計画を進めてきました。

生産チーム長の安田さんに酒蔵を案内していただきましたが、驚くほど明るくピカピカの酒蔵です。杜氏の技云々だけに頼るのではない、コンテンポラリー日本酒と言えるのではないでしょうか?

常に醸造タンクの状態が手元で分かるシステムを導入して管理しています。さすが、食品メーカーが手がけると生産履歴がクリアになりますね。

酒蔵併設ショップで、地元のおつまみで飲み比べして、買い物もできます。


昨年からの本醸造、吟醸に加えて大吟醸も整いました。しっかりとした味わいの個性が光る日本酒ですね。「始まったばかりですが、日本酒好きの方々に認知していただき、ファンを獲得したいです」と安田チーム長。
伊勢神宮、熊野古道に近く、「多気」という地名で水質も良し。さらに酒米の名が「神の穂」と、神がかった雰囲気が揃っていることを感じながらのほろ酔い試飲でした。

山の上のホテル側から眺めたVISONの一部。奥の白いドーム屋根の右側にある建物が「福和蔵」です。水良し、空気良し。ぜひ、オススメです。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA