「五目炒飯」の塩分カット、「ザ★チャーハン」ファンには朗報! あぶり焼豚増量


鶏だしのうま味が特長の味の素冷凍食品「五目炒飯」(400g)が2021年春、40%塩分カットのリニューアルを実施します。さらに鶏だしのうま味をきかせ、釜炊き製法により米のなかまで味を染み込ませるとこで、美味しさそのままに減塩を実現しました。40%カットして、五目炒飯100g当たりの塩分(食塩相当量)は、0.7g。袋半分食べても1.4g、400g全部食べても2.8gです。日本人1日当たりの塩分摂取目標慮量は、成人男性7.5g未満、成人女性6.5g未満(厚労省「日本人の食事摂取基準」)ですが、実勢の摂取量は、男性11g、女子9.3g(同「平成30年国民健康・栄養調査」)。塩分過多を気にして控えている方も多いことから、今回のリニューアルです。

コロナ禍で外出は自粛、おうち時間が長くなって、冷凍米飯類はレンジでできる手軽で美味しいランチとして人気が高まっています。味の素冷凍食品では、2021年春、米飯類を美味しくリニューアルします。

人気の「ザ★チャーハン」は、あぶり焼豚を増量。

「具だくさんエビピラフ」は赤ピーマンといんげんを増量して彩り豊かに。

「具だくさん高菜炒飯」は国産のごま油と炒りごまを増量して風味豊かにリニューアルします。
2月半ばくらいから順次。お楽しみに。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share