10月18日「冷凍食品の日」。冷凍食品協会がトークショー&パーティ開催

10月18日は「冷凍食品の日」です。

食の季節10月、冷凍(とう)食品の保存温度はマイナス18℃以下、

ということで10月18日に決まりました。昭和61年(1986年)からです。決めたのは日本冷凍食品協会。

その前年に家庭用冷凍食品の伸びが鈍化して、「このまま停滞か?いやいやまだまだお伝えできていない。知ってもらえればもっと需要は伸びるはず、、、」と業界が力を合わせて、「冷凍食品の日」を決めてアピールしよう!ということになりました。

10月は「冷凍食品月間」。毎年、冷凍食品協会は、いろいろな企画でPRに努めています。

1986年以降どうかって?ご存知のように、着実に伸びていきました。

同年以降、電子レンジ調理商品がどんどん開発されたことも発展の背景にあると思います。冷凍食品はとても手軽でおいしい、身近な食品になっていきました。

 

2016-09-15-2

今年は、10月18日に、都内ホテルでトークショー&冷凍食品活用メニューのパーティを開きます。

一般募集、ご招待ですので、ぜひ、近隣の皆様、ご応募を。

毎年ゲストが変わりますが、今年は、オテル ドゥ ミクニのオーナーシェフ、三國清三氏とタレントの松本明子さん。これは、美味しくて楽しそうです。

開催タイトルは「10月18日は『冷凍食品の日』~ココロにお いしい、冷凍食品~」イベント。

参加応募方法詳細は、冷凍食品協会の「冷食ONLINE」サイトで!

http://online.reishokukyo.or.jp/

その他冷凍食品関連情報満載です!

コメントを残す Comment

*

Share