井村屋からの新提案。中華まんのようだけど焼いて中身はえびグラタン!!

冷凍ベイクドデリえびグラタン再修正

肉まん、あんまんを発売して50余年、井村屋からこの秋、新タイプの冷凍食品が登場します。

名前は、「ベイクド・デリ えびグラタン」。9月1日発売です。184g(2個入)です。1個92gですね。

見た目お惣菜パンです。でも生地はパンと中華まんの中間くらいのイメージで、もっちり、しっとり、しかし外はこんがりです。

DSCF4213

レンジでさくっと出来上がりますが、もうひと手間の推奨というオーブントースターで少々焼いて仕上げました。

熱々~。半分に割ってみたら、具が偏ってしまいました。失礼。

はふはふと食べてみると、若干甘めですが、これは小腹がすいたときに良いですねぇ。えびはプリッとしています。惣菜パンというと、焼きそばパンやマヨネーズとコーンなんて思い浮かびますが、これは少しおしゃれめなデリカテッセンを入れていくそうです。いわゆるカフェメニューですね。

すこしポップなパッケージは、なにこれ?って注目していただきたい!という狙いとか。

実は、三重県津市にある井村屋の本社工場で作ります。中華まんの製造設備に「焼く」工程を新たに追加しての新商品です。「蒸して、焼く」です。

実は、冷蔵の商品でも「ベイクド・デリ クワトロチーズ」という商品を出します。同じようなパッケージなんですが、これは198g(3個入)で、1つ66gと小さめサイズです。さらに、コンビニ中華まん加温器向けにも新発売します。

なにげなく新発売ですが、実は10年の研究を経てのチャレンジです。今シーズンの成果を見ながら、次はいろいろなパターンでメニュー提案していく方針とか。具のバリエーションばかりでなく生地のバリエーションもあるそうです。楽しみですね。

コメントを残す Comment

*

Share