レンジ調理は出力が高いほど早く、よくできるのかと思い込んでいたら、かならずしもそうじゃないよ~と言われたというお話です。

お昼は冷凍食品でと考えると、どうしても麺が多くなってしまいがち。久々に「ラザニア」かな~と考えました。でもこれも麺帯?

IMG_2108
調理法が書いてあって親切。袋に残ったものを冷凍庫にしまったあと、あれ、何分だっけと、また取り出さずにすみます。
IMG_2127

グラタン類って、本来の意味の「焼く」オーブントースターか、簡単スピーディなレンジかと、論争華やかな時期がありました。

いまや昔。レンジ圧勝で現在に至っています。圧勝どころか、お弁当グラタンは自然解凍でOKですね。

便利になった一方で、ちょっと残念。かつて、アルミの器は色気がなかったけれど、こんがり風味が漂うのが嬉しかったですね。

IMG_2129

上の写真は、500Wでうまく調理できたものです。

このホワイトソースのクリーミー感が、乳業の明治として力を入れているところ。改良を重ねております。久々に購入、美味しくいただきました。残ったソースに、ご飯を入れてみたら、これがまた、、、、

この調理に至るまでに、実は1度、700Wで加熱して失敗しました。500wと600wしか表示していないのに700wで加熱してしまったんですね。

熱いのですが、まん中が冷たく残り、あと10秒、10秒と繰り返したら、オーバー加熱でラザニアの麺帯が少し堅くなってしまった。私としたことが~。あ、もちろん多少歯ごたえがあっても美味しくいただきました。

500wでゆっくりの方が仕上がりがいいの!?

この疑問に某専門メーカーの開発担当は、「確かにそういうものもあります」とのこと。

(表示通りに調理しなかったので)非公式ですが、明治の方にこっそりうかがってみると、確かに500Wゆっくりの方が良いらしいです。

レンジグラタン類は、表面がすでに焼いてあるので、温かく仕上がったらOK。

調理法の表示をよく見て調理!肝に明治、、、銘じます。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

3 thoughts on “500W方がよい場合も?

  • 2015年10月25日 at 4:26 PM
    Permalink

    500Wが絶対おすすめ、とメーカーK・Mさんからメールいただきました。

    中には、いつも900Wで、ガツンとあたためていた!!という強者も!

    思うに、水分多めはゆっくり加熱が良いのかな~

    技術系の方に教授いただければ幸いです。

    山本

    Reply
  • 2015年10月26日 at 11:38 AM
    Permalink

    これ、ずっと疑問に思っていました。
    電子レンジに「強」と「弱」のボタンしかなくて、ぱっと見、何ワットかわからないけど、どちらで調理した方がいいのかなとか、ハイパワーの方が美味しいのかなとか。
    500W指定のものを、600Wでチンした際、時間を少し早めに設定したら、中が冷たかったりとか・・・。
    指定通りのやり方が一番いいのでしょうけど、使用するレンジが、必ずしも500か600じゃなかったり、家以外の電子レンジ(ホテルとか)だと、ワット数がわからなかったりして、その場合はどうすればいいのかなとか。

    Reply
    • 2015年10月26日 at 1:03 PM
      Permalink

      Akiさん、疑問ごもっとも。
      もう少し聞いてみますね。
      私は、これまで、レンジ調理のことを聞かれると、業界常識として、
      「レンジは表示通りに。足りないな~とおもったら10秒ずつ追加を」と言い続けていたのですが、、、、
      ワット数ばかりでなく、マイクロウエーブが出るところが汚れていたりすると、能力が落ちることがある、と聞いていますが、聞いただけで実感したことはなく。研究してみたいとおもいます。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA