冷凍博士の牡蠣、今年4月から

DSCF0384

先週開かれた「居酒屋ジャパン」では、全国の漁場から新鮮食材をお店に提供などなど、目新しいビジネスが目立ちました。
中には「中身おまかせ」なんてご商売も。何が来ても美味しく料理できる!というのも料理人の腕!ということなのでしょう。
それもあり、でしょうが、プロの目利きで選んだ食材をきちんとメニューにしていただくのもありがたい。

で、何が言いたいかというと、会場で出会った、鈴木徹先生(食品冷凍学権威、東京海洋大学)のご指導でスタートしたニュービジネス、三陸産、高度冷凍技術による『季節限定・旬のマガキ』の1年中提供!
季節限定なのに1年中???? これが冷凍の良いところ~

しかも、冷凍運送屋さんのニュービジネスなのです。

鴻池運輸の新規事業担当係長、関根瑛里子さん談
「運送の冷凍技術について鈴木先生にご指導を仰いでいたのですが、こんな冷凍方法があるよとお話を頂き昨年から」

鈴木先生の監修による高度冷凍とは、かける温度をプログラミングして、高い鮮度を保てるよう、低温から一気に!殻つきのまま!!冷凍させるという技術。

昨年トライアルで、今年の旬の時期に本格化するそうです。
三陸の牡蠣のベストシーズンは5月、とのことで、4月からぼちぼちとスタート予定。
1年で最も『濃厚』で、『実入りの豊かな』マガキだそうです。
話だけでよだれ充満。

こんなのもあります。
DSCF0383
三陸産、秋の旬の片貝ほたて
ウロ(内蔵)除去、ヒモ付き。
貝毒リスクゼロの良い商品だと思います。

食べて三陸応援!

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share