Jaffa氏推薦の冷凍ナポリピッツァ 「ピッツェリア ダ グランツァ」坂本大樹氏監修の3品

首都圏の東急沿線情報誌「SALUS(サルース)」は、月間23万部発行している上に、ウェブサイトで情報提供したり、沿線店舗の製品をピックアップしたネットショップも運営しているそうです。
同サイトで東急沿線のナポリピッツァの名店を毎月リポートしている真のナポリピッツァ協会公式ブロガー、Jaffaさんから、「グランツァ監修の美味しい冷凍ピッツァ食べてみませんか?」とお声がけいただきました。

洗足池の「ピッツェリア ダ グランツァ」オーナー坂本大樹氏監修のピッツァです。

ありがたく拝受。さすがのオススメ・ピッツァ! 全粒粉を配合した生地がポイントでしょうか。香ばしい風味がして美味しく頂けます。トッピングも3種のバリエーションが絶妙。家でピッツェリア気分を味わえて、家族に大好評でした。

とてもきれいなカートンで到着。もちろん冷凍便です。

右上「Pizza Margherita(マルゲリータ)」、左は「Pizza Carbonara(カルボナーラ)」、そして右下は「Pizza Estate(エスターテ:夏)」。いずれも直径約20㎝。オーブントースターで丸いまま焼けますね。製造は、手作りの冷凍ナポリピッツァで実績のある㈱佐勇・山形工場です。

室温で自然解凍(約2時間の表記でしたが気温が高めなので1時間ほどでOK)、余熱したオーブントースター4分ほどでOKです。生地は国産小麦を使用して全粒粉を配合していますので薄茶色です。一度焼いてからトッピングしているので、見た目が良いです。

マルゲリータには、イタリア・カンパーニャ州から空輸されている水牛モッツァレラをトッピング。美味。”ザクッ”と生地の食感が心地よいです。

カルボナーラは、監修した坂本氏お得意の逸品だそうで、店舗でも人気とか。あ、Jaffaさんから卵の黄身を真ん中にちょい足しするアドバイスを頂いていたのに、、、忘れてしまいましたー(汗)。ホワイトソースにベーコン、アスパラガス。人気メニューと聞くと、お店に行って食べてみたくなりますね。

最後は、エスターテ!野菜がカラフル。ソフトサラミがピリッと辛くて大人の「夏」の味わい。

↑SALUSサイトからグランツァの紹介文を拝借。

SALUS オリジナル冷凍ピッツァ
美味しい冷凍ピッツァを食べて、お店気分!を味わう、そしてお店にも行きたくなる!。さらに冷凍ピッツァは美味しい!ということで、メーカーもがんばって商品開発に力を注ぐ! なんか良いサイクルが生まれてきそうな予感。

ところで、「SALUS(サルース)」。乾杯!(サルー!)といった意味かと思ったら、ラテン語で「挨拶」だそうです。
Jaffaさんのブログ「旨い!ナポリピッツァ」※オススメ冷凍ピッツァの記事も掲載

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share