Picard(ピカール)4号店は、代官山! イートイン付き

クロワッサン、エスカルゴ、マカロン、モアローショコラ、、、いろいろ人気商品が定着しつつあるフランスの冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」。昨年11月の青山骨董通り店に始まり、麻布十番店、中目黒店と3店舗。そして昨日10月4日、第4号店、代官山店がオープンしました。おしゃれな「代官山アドレス」の一角、東急・代官山駅に直結(西口、北口)した入口角という目立つ場所です。

駅を背に歩いていくと、明るい店内にカフェらしきテーブルと椅子が見え、さらに、トレイ入りパスタの大きな写真が目に入ります。

そう、イートイン本格導入。買った冷凍食品をレンジで温め、買った飲み物と一緒に楽しめるカフェスペース(21席)が付いているのです。

さて、目ざとい方はお気づきですね。

電源とフリーWIFI♡

調理デモ、アレンジレシピのワークショップも実施します。オープン当日は、「パイシート」と「カボチャのピューレ」を使ったパンプキンパイ(料理家 はらゆうこ氏の監修レシピ)が紹介されました。もうすぐハロウィンですからね。

ハロウィンパーティ提案のかぼちゃディスプレイもオレンジ色を外して、にくい感じのアピール。

店内は従来店通りの雰囲気で、品揃えも他3店と同一(現在235品超)ですが、、、

代官山、という立地を考えるととってもリーズナブルなコーヒーと生絞りオレンジジュース。しかも!

セット割引あり!

店長の平さんもすてきなトール&ハンサム。青山骨董通り店の店長から転勤です。

ピカールを運営するイオンサヴール㈱(イオングループ)の小野社長です。イートインの狙いは敷居が高め~と感じる方に「ハードルを下げていただく」ためのもの。まずは、手軽に食べられるレンジアップ商品。ワークショップを通じて気軽に使いこなしていただく、という訳です。確かに、商品の袋や箱だけ見ていても具体的な食卓のイメージは沸きにくいですね。それは日本のスーパーの冷凍食品も同様かもしれません。具体的に表現する場所を持つ、ということは、冷凍食品を販売する側にとても必要なことだと感じます。

そうそう、昨日はもう一つ発表がありました。10月13日に第5号店「品川シーサイド店」(品川区東品川4-12-5)オープン予定です。イオン品川シーサイド店に設置していたピカールの売場(プチ・ピカール)は無くなって、同店レジ外に独立店としてオープンします。さらに、年内に都内であともう1店の計画があるそうです。1年間で6店舗に!順調です。

 

 

コメントを残す Comment

*

Share