1kgパックの「王餃子」、コストコで受けているらしい

餃子は世界の食べ物。韓国発の餃子です。まずは、その大きさを確認してください。左にティッシュの箱を置いてみました。すごいですね。1kgパックです。1個約35gという表示なので、1000÷35=28~29個入り。食べ応えあります。韓国の大手食品メーカー、CJ第一製糖の日本法人、CJジャパン㈱から新発売です。

「bibigo 王餃子 肉&野菜」と「bibigo 王餃子 キムチ」。ビビゴ ワンギョウザと読んでください。

この大きさは、通常のスーパーでは規格外でしょうね。その昔は、ピラフ1kgなんて商品も普通にありましたが、、、、。本来、大容量、小分け利用でお得、というのも冷凍食品のメリットですから、こんな大袋も歓迎すべきでしょう。聞けば、まずコストコ(Costco)に採用されたとのこと。なるほど~。試食しました。

豚肉、野菜、韓国春雨、豆腐入り。確かにボリューミー。ひと口でパクッとはいきません。食べ応えあります。なぜ春雨?と思いながら食べても違和感はなく、食べてみたら納得の“おかず感”がします。焼餃子で食べる場合、焼目を付けてから水を入れて蒸し焼き、ふたを開けてさらに焼く、という調理ですから、水の量や蒸し加減をしっかり把握して2回目から美味しく焼けます。しっかり焼いた方が良いようです。一方、麺やスープに入れる場合は、ほとんど気にせず放り込んで、煮てOKでした。

これは「キムチ」。焼く段階から赤く透けていて、辛そう~

ピリピリ辛いです。さすが本場の熟成キムチ使用。激辛ファンの皆様、ぜひお試しください。

CJの資料によると、全世界の餃子市場規模は、2016年で5,700億円。上位は中国、ロシア、米国。その次に日本、韓国と続きます。ブランド別で同社は昨年、327億円の売上で世界第5位。中国の3ブランド、日本の味の素ブランドの次。グローバル市場で躍進しているのは米国で、bibigoブランドは、2016年に米国餃子市場のトップブランドになったそうです。

本場韓国では、過去3年余りで大躍進。市販用商品ばかりでなく、コンビニで王餃子1個が入った「王餃子おにぎり」!!、レンジでチンする「王餃子グラタン」!!といったメニューもあるそうです。びっくり。

コメントを残す Comment

*

Share