これは野菜料理!、かねます食品「鉄板屋」シリーズ

「野菜63%」 「小麦粉を使わない山芋と卵のふんわり生地」 なのに「お好み焼」なのです。ひたすらお好み焼系冷凍食品を作って実績のある、かねます食品(本社:大阪府東大阪市)の新商品、「鉄板屋」シリーズ。小麦粉なし、とは思い切った選択です。

なるほど低カロリー。ちなみに、下の12%というのは、1日当たりの摂取カロリー目安2100kcalに対してですので、あくまでもご参考まで。

キャベツ51.4%、鶏卵22.6%、やまいも10.1%、豚肉1.9%、ねぎ1.2%、紅しょうが0.8%、しょうが0.01%(仕込時)の配合です。確かに野菜63%の配合です。これはもはや野菜料理と言っていいのではないでしょうか。小麦粉不使用でも十分にお好み焼、ですね。ふんわりして口当たりがよいです。お皿に乗せ、ラップをかけずに約6分。別添ソースもたっぷりあります。

シリーズなので、いろいろあります。

野菜65%の「ねぎ焼」、野菜67%の「山芋焼」。山芋焼はおそらく、かねます食品独自の商品化ではないでしょうか。キャベツ、いか、ねぎ、紅しょうが入りで、ふんわりとろりという味わい。

シリーズには、「チヂミ」、「広島 お好み焼」もあります。もちろんこの2品は小麦粉使用。

広島お好み焼は得意分野と言っても良いでしょう。本格的な美味しさが家庭の電子レンジで手軽に再現できます。中国に品質管理拠点、開発部門を持ち、本格的に高品位の手作り生産を行っているからこそのシリーズです。

かねます食品は、「キャベツを食べる」「ねぎを食べる」と訴えての商品化で冷凍お好み焼の新境地を拓いてきたメーカーです。同社製品は、ビールのおつまみにしても、お子様のおやつにしても、ランチにしても、「野菜」を食べる充実感があります。

コメントを残す Comment

*

Share