• Home »
  • 冷凍食品 News »
  • 餃子型シャンデリアきらめく「GYOZA IT.」 第1号ゲストの櫻井翔さんはトリュフ塩付けがお気に入りとか

餃子型シャンデリアきらめく「GYOZA IT.」 第1号ゲストの櫻井翔さんはトリュフ塩付けがお気に入りとか

店内に餃子型シャンデリアがあります。よく見ると餃子を食べているあやしい人々を描いた壁画があります。味の素冷凍食品が2017年9月7日17時、東京・赤坂にオープンする日本式餃子発信レストラン「GYOZA IT.」(ギョーザ・イット:餃子しよう!という意味)の店内です。一足先にプレス発表会がありました。

味の素冷凍食品の吉峯社長。「日本の餃子文化を世界に! 夢を実現する第一歩」です。

店内スタッフの公用語は英語。15カ国語対応の接客で、訪日観光客に日本式餃子の美味しさを伝えます。さらに、世界とつながる餃子イベント会場に、各地の餃子やタレも提案、いずれは著名レストラン・シェフとのコラボも、、、といろいろ楽しそうな企画が満載です。

餃子メニューは、味の素冷凍食品の業務用冷凍食品の中から、これは!というアイテムをセレクト。「ワインに合うカモ!GYOZA」(合鴨肉入り)などもあります。今後、同店発信の商品開発もありそうです。餃子ばかりではありません。和風メニューや和牛ヒレステーキまで、餃子を中心にオシャレに楽しめるメニュー構成にしています。

5メートルの鉄板でジュー!!!と豪快に焼きます。餃子のお供、ビールばかりでなく、シャンパンで楽しむ、発泡日本酒で楽しむ、というお店です。

本日は午前中に第1号ゲストとして櫻井翔さんが来店したとあって、早くも注目店。「櫻井君が行ったGYOZAの店ってどこなの?」と話題沸騰ということなので、地図をご紹介します。TBSに向かう角にマックがあって、松屋を過ぎたら、オシャレな「GYOZA IT.」。

「巻き巻き葉っぱセット」がおススメです。ロメインレタスと大葉で焼餃子を巻いてさわやかおつまみに。

定番の調味料のほかに、変わり種の6種ダレが付いてきます。

ちなみに櫻井翔さんはトリュフ塩(手前㊨)で食べるのがお気に入りだったとか。

笑顔のスタッフ。3カ月の研修を経ていよいよオープン。張り切っています。開店から3日間はグラスシャンパン(もしくはノンアルスパークリングワイン)の無料サービスがあります。GYOZA IT!!
GYOZA IT. オープンニュース

コメントを残す Comment

*

Share