すぐに芯までやわらかく、冷凍白菜はやっぱりお鍋にベストマッチ!

冷凍生活アドバイザー西川剛史の「西川式ホームフリージング」!

食材別の冷凍方法、活用メニューをご案内いたします。

本日のテーマは「白菜」

冬野菜の代表格と言えば白菜。

冬の寒い時期だからこそ、甘みののった美味しい白菜になります。

漬物、炒め物、蒸し物、スープなど、様々な料理とも相性の良い白菜ですが、

やはり!一番おすすめなのは「鍋」!ですよね!

 

白菜を鍋にたっぷり入れ、やわらか~く煮ると美味しいですよね。

白菜自身の甘さと、鍋の出汁をしっかり吸って、いくらでも食べられます。

白菜は冬が旬で、鍋も寒い冬の料理ですので、とにかく冬には大活躍の食材です。

 

そんな白菜も芯の方は煮るのに時間がかかりますよね。でも芯の方こそ、しっかり煮た方が美味しいんですよね。

そんなときにオススメなのが「冷凍」です!

白菜をざく切りにして、冷凍用保存袋にいれて冷凍します。

この冷凍白菜を凍ったまま鍋に入れると、生の白菜よりもすぐに芯の方も早く煮えます。一度冷凍することで繊維が崩れやすくなるので、すぐにくたっと美味しい白菜煮になります。

 

白菜は一度に使い切れないことも多いので、使わない分はすぐに冷凍して、ストックしておきましょう。

お鍋やスープなど、加熱時間も短く済むのでおススメです。

是非お試しください。

 

◎冷凍生活アドバイザー西川剛史の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

fb_vefroty_20160917_2-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら
220x160px

コメントを残す Comment

*

Share