ふわっふわっ♪の雪のような冷凍長いも

冷凍生活アドバイザー西川剛史の「西川式ホームフリージング」!

食材別の冷凍方法、活用メニューをご案内いたします。

本日の食材は「長いも」

すりおろして「とろろ」にして、ご飯と一緒に食べると美味しいですよね!マグロや納豆、様々な食材とも相性がよく、人気の食材です。

 

しかし!意外と日持ちしないという難点が・・・

そんなときにおすすめなのが冷凍です!

まず長いもの皮をむいて、ラップでぴったりと包み込みます。

これを保存袋に入れたら完成!

とっても手軽なので、余りそうなときにはすぐに冷凍しましょう。

 

これをどうやって使うかというと・・・

凍ったままおろし器でおろします!

(※長いもが太いとおろしにくいので、太い場合は1/4程度にカットしてから冷凍しましょう)

凍ったままおろすと、長いもの粘り気がなく、ふわっふわっの雪のような食感になります。

これを野菜や、もちろんマグロなどにかけても良いですね。そのまま食べるとふわっとした不思議な食感を楽しめます。

ちなみにこの雪のような長いもをかき混ぜると、通常のとろろになります。

 

あとこの冷凍長いものメリットは、使いたい分だけ使ったら、残りはまたラップをして冷凍庫に戻すことができます。とろろをちょっとだけ使いたいときには重宝します。

是非お試しください。

 

◎冷凍生活アドバイザー西川剛史の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

fb_vefroty_20160917_2-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら
220x160px

コメントを残す Comment

*

Share