冷凍テクニックで簡単彩り弁当!

冷凍生活アドバイザーの西川です!

冷凍生活アドバイザーの資格講座がスタートしておりますが、第1期生である野菜ソムリエの増田智子さんが素敵な冷凍テクニックのレポートを書いてくださったので、紹介させていただきます。

「お母さん必見!家庭で使えるお弁当冷凍テクニック」

15183901_945592042212207_717665108_o

みなさまこんにちは!

冷凍生活アドバイザーで野菜ソムリエの増田智子です。

冬ももうすぐそこ!

朝も寒くて早起きできなくなってきましたね~

ましてや、お弁当を作っている方は大変。

少しでもお布団の中に長くいられるよう

お弁当作りも冷凍ワザを使って楽しく作りましょう!

 

そのためには…

事前準備が重要です♪

 

ブロッコリーを買って来たら、できるだけ早めに下茹でします。

冷蔵庫や野菜室の中に長く入れておいても、栄養価が減るばかりですよ~。

15152460_945592098878868_49954392_o

ちょっと小ぶりにカットしたら、

沸騰した湯に塩を入れさっとゆでます。

普段の食べごろよりちょっと硬めにするのがポイントです。

そして、冷めたらぴっちりラップをして、

15152478_945592015545543_92564992_o

冷凍保存袋に入れて、空気を抜いて冷凍。

使いたいときにすぐにさっと出せますね。

冷凍ブロッコリーはさっと湯がいて、温野菜にしたり、

刻んでオムレツの具にしてもいいし、

ウインナーなどと一緒に炒めてもいいし、

スープにも、グラタンのトッピングにもおすすめです。

 

ところで茎のところはどうしていますか?

硬くて食べにくいから、捨てちゃってる?

あ~もったいない!

ブロッコリーは茎のところにも

ビタミンCやカロテンが豊富なので

ぜひとも捨てずに食べていただきたいのです!

このときにひと工夫。

 

 

15145034_945593122212099_2110373856_o

茎は横に切って、型抜きをします♪

淡い緑色がかわいらしいですね。

こちらも、空気が入らないようにぴったりとラップをして、

冷凍保存袋に入れて、冷凍しましょう。

同様に、ニンジンもさっとゆでたものを

型抜きして冷凍しておくとお弁当に便利ですよ!

15134107_945593525545392_1551483020_o

冷凍のコツは、しっかりと空気をぬくこと。

彩りの良い野菜を下準備後に冷凍しておけば…

いかがでしょう?

 

15183901_945592042212207_717665108_o

ハートのブロッコリーの茎やニンジン。

添えるだけで彩りがアップしますね♪

ちなみに、

おにぎりのお鼻やほっぺのオレンジ色も

冷凍ニンジン。

おかずのブロッコリーはレンジでチンして胡麻和えに。

旗の立ってるミニミニイワシハンバーグも

事前に作って冷凍したものですし、

ウインナーも切り込みを入れて冷凍してたものでした。

 

冷凍ワザを使うと、朝は手間も省いて彩り弁当が出来上がり♪

ぜひ、試してみてくださいね。

冷凍生活アドバイザー

野菜ソムリエ

増田智子

 

◎冷凍生活アドバイザー西川の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら

コメントを残す Comment

*

Share